予約する

トリガーポイント療法とは

トリガーポイントとは
私達の体には全身に筋肉が存在し、その筋肉は骨に付着しており、筋肉が働くことで骨を動かし運動しています。また、動いていなくても立っているだけや座っているだけで、姿勢を維持するために筋肉は働いています。したがって筋肉は寝ているとき以外一日中働いており、スポーツや仕事などでの繰り返し動作や姿勢の維持によく働く筋肉には、常に負担がかかっています。
特定の場所に負担がかかり続けると、筋肉(筋膜)にある痛みのセンサーが過敏な状態になり、本来痛みを感じないような些細な動作でも痛みを感じるようになります。
その過敏になった痛みのセンサーが、トリガーポイントと呼ばれる痛みの発生源なのです。
現代医学では見落とされる痛み
痛みやしびれを感じていても検査で異常が見つからず、「異常はありません」「原因はわかりません」と説明された。痛み止めや湿布を処方されたがで効いているのかよくわからない。あるいは、骨の変形やヘルニアが原因だと診断されたが、マッサージや鍼治療を受けると楽になる。このような経験をされた方は多いのではないでしょうか?
一般的にお医者さんは痛みを感じる場所を検査して、椎間板ヘルニアや骨の変形などの異常が見つかれば痛みの原因だと理解し、診断することが多くあります。
しかしヘルニアや骨の変形などが原因であるとすれば、なぜ消炎鎮痛剤が効かないのでしょうか?なぜ骨の痛みや神経の圧迫によるしびれが、マッサージや鍼で楽になるのでしょうか?
それは痛みやしびれの正体が筋肉(筋膜)にあるからです。
筋肉(筋膜)が悪くなったとしても血液検査やレントゲンなどでは何も異常は見つけられないので、筋肉(筋膜)に原因があった場合には誤った病名がつけられたり、見落とされたりしてきました。
トリガーポイントが原因で起こる痛み
先に述べたように、検査で見つかった異常所見と症状は必ずしも一致しません。
ですから、実際に検査で脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、変形性関節症と診断されたとしても、それが痛みの原因ではない場合もたくさんあります。
・腰や首のヘルニア
・坐骨神経痛
・脊柱管狭窄症
・変形性膝関節症
・頚椎症
など、実はトリガーポイントが原因で起こっているものもこれらの中には多くあるのです。
お医者さんに診てもらったが痛みやしびれが改善しない、マッサージや鍼を受けてもその場限りで効果が長続きしない、このような方は一度トリガーポイント治療を試してみてください。
あなたの身体の本当に悪いところを探し出し、健康で快適な生活を送るために全力でお手伝いいたします。
さらに詳しく(専門の方向け)
トリガーポイントの正体
近年テレビや雑誌などで『トリガーポイント』という言葉をよく耳にするようになりましたが、トリガーポイントとはいったい何なのでしょうか?
一般的にトリガーポイント(以下、TP)は筋(筋膜)から生じる痛みの発生源と言われており、筋硬結が原因と考えられてきました。しかし、痛みなどの症状がなくても身体中に筋硬結が見つかる、治療をして筋硬結がなくなったにも関わらず症状は残っている、というような経験から『TP=筋硬結』ではなく『TP=センサー(受容器)の異常』と考えるようになりました。
筋肉や靭帯・関節などの運動器の痛みはすべて、「受容器」が「刺激」され、疼痛閾値を超えることで生じます。基本的に身体の痛みは外傷、骨の変形やヘルニアなどの異常所見、筋硬結による循環不全などが原因で炎症が起こり、炎症産物が大量に放出されることで痛みが生じると考えられ、炎症を抑えるために消炎鎮痛剤(痛み止めの薬や湿布など)が処方されます。
しかし、私たちが臨床上よく遭遇する肩こりや腰痛などの運動器の痛みでは炎症所見は認められず、本来痛みを感じない程度の日常生活の些細な動作で痛みが生じています。つまり筋硬結や炎症によって刺激量が増えたことが原因なのではなく、受容器が過敏化(感作)したことが原因だと考えることができます。
そしてこの感作された受容器がTPであり、『痛みの発生源』です。
トリガーポイント療法とは感作された受容器を刺激し、正常な状態に戻すことで痛みを取る治療法です。
痛いところ=病変部位ではない
TPの特徴といわれる現象の1つに関連痛があります。関連痛というのは、刺激された場所とは違った場所に感じる痛みのことをいい、内臓の痛みでも起こることが知られています。TPが原因で生じた痛みは、この関連痛のせいで実際に痛みの発生源がある場所とは違う場所に痛みを感じてしまいます。
関連痛が起こる原因は諸説ありますが、「見えない」場所に痛みの発生源が生じたことが関連痛現象を紐解く重要な鍵になるのではないかと考えています。視覚からの情報は膨大で、感覚の8割が視覚に依存していると言われています。背中の痛みや痒み、頭の痛み、胃の痛み、歯の痛みなどは、すべて痛みの場所が曖昧にしか感じることができません。深部痛と呼ばれる皮膚より奥の痛みの部位が不明瞭とされているのは、皮膚の奥にある構造であるため病変部が「見えない」からではないかということです。脳が視覚との統合ができず、関連痛が起こって痛みの場所を錯覚する。つまり、TPが原因で生じた筋肉や靭帯・関節などの運動器の痛みは、病変部とは違った場所に痛みを感じることがあるのです。
痛みの発生源を刺激して痛みを取る
前述したように痛みの場所を間違えて感じるので、患者さんが痛みを訴える場所だけを治療しても効果がない、あるいは治療漏れがあるということになります。
訴えられた痛みの場所からは探すことができないので、痛みを感じる動作、痛みが強くなる動作から発痛構造を予想していくことになります。そして鍼や圧迫などで刺激した時の患者さんの「あ、(私の痛いところは)そこ!!」という感覚(発生源認知)を頼りにTPを割り出していきます。
TPを刺激し続けると、感作された受容器が正常な反応に変化する脱過敏化(脱感作)という現象が起こります。脱感作のメカニズムはすべて解明されたわけではありませんが、TPは感作された受容器なので、鍼やマッサージなどでTPを刺激して受容器を脱感作させることがTP治療での目的となります。
痛みの発生源であるTP領域を脱感作させることで初めて鎮痛が得られるのです。
ページの上部へ
ACE TREATMENT LABORATORY(エース トリートメント ラボラトリー)のFacebookへ