予約する

セラピスト

森本貴義(モリモトタカヨシ)鍼灸師・トレーナー
代表:森本貴義(モリモトタカヨシ)
鍼灸師・トレーナー
1973年8月21日生まれ 京都府出身
20年間、日本、アメリカのプロベースボール界でアスレティックトレーナーとして活動。
2004年から現在もシアトルマリナーズ フェリックス・ヘルナンデス投手(2010年サイヤング投手)や2013年度からプロゴルファー宮里優作選手のパーソナルトレーナーとしてJGTOトーナメントにも帯同し現場で選手に寄り添い援助をしている。
他の競技でも日本を代表するスポーツの選手(野球、ゴルフ、陸上、など)に、指導支援を行っている。
アスレティックトレーナー、インストラクターの生涯教育にも力を注いでおり、関西医療大学客員教授として学生の支援も行っている。

【森本貴義 セッション内容】

  • トリガーポイント療法
  • 徒手的アプローチ
  • モビリゼーション
  • 鍼治療
  • 運動療法

トリガーポイント療法を用いた統合的な治療スタイルを行っています。
クライアントが抱えている身体的な問題に寄り添い、身体的な動きの改善、新しい動きの獲得を目指し、徒手的なアプローチ、モビリゼーション、鍼治療などだけを行うだけでなく、
呼吸機能、骨格的なアンバランスなどを主に評価し、そのクライアントに必要な運動療法などもご提案いたします。

メディア情報(書籍等)
勝者の呼吸法 - 横隔膜の使い方をスーパー・アスリートと赤ちゃんに学ぼう! - amazonで見る
間違いだらけ! 日本人のストレッチ - 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です - amazonで見る
伸びる子どもの、からだのつくり方 amazonで見る
プロフェッショナルの習慣力 トップアスリートが実践する「ルーティン」の秘密 amazonで見る
一流の思考法 amazonで見る
カラダ×ココロ改善計画 amazonで見る
田坂和子(タサカカズコ)鍼灸師
田坂和子(タサカカズコ)
鍼灸師
2007年関西鍼灸大学(現関西医療大学)卒業、はり師きゅう師 国家資格取得。
2010年にバレーボール全日本女子アシスタントメディカルトレーナーとして世界選手権に帯同、2011~2016年までバレーボール男子Vプレミアリーグ所属サントリーサンバーズのアシスタントメディカルトレーナーとして選手の身体のケアやサポートを行う。
現在もトリガーポイント研究の第一人者である関西医療大学教授の黒岩共一氏の元でさらなる知識・技術の向上に努めながら、トリガーポイント研究会・SASマニュアルセラピー協会のスタッフとして普及に努めている。
2016年からは同大学保健医療学部 非常勤講師としてトリガーポイントの技術・理論を学生たちに伝えている

【田坂和子 セッション内容】

  • トリガーポイント療法
  • 鍼治療
  • 徒手的アプローチ
  • 自律神経調整

トリガーポイント療法(詳しくはこちら)を用いて、鍼治療や徒手的なアプローチにより身体の調整を行います。
トリガーポイント療法というのは、凝りや痛みなどを引き起こしている元を探し出し、そこを刺激することで不快な症状を取る治療法です。
またトリガーポイントを刺激すると、自律神経のバランスがよくなる、免疫力が上がる、筋肉の硬さが取れる、血流がよくなるなど、身体に様々な反応が起きます。
痛みや凝りだけでなく、検査をしても原因がわからない辛い症状や、身体を健康にしたい、スポーツを健康に楽しみたい、そんな方に効果的です。

田坂和子のコース内容

・慢性疼痛
電気治療器(ASTEO)、トリガーポイント療法による鍼治療や徒手的なアプローチを用いて、痛みや凝りを引き起こしている場所を刺激することで不快な症状を取り除き、根本から改善していきます。お身体の状態を聞きながら痛みを取るお手伝いをいたします。

  • 【こんな方向き】
  • 痛み・凝り・シビレ感など慢性疾患でお悩みの方
  • 治療を受けても効果が長続きしなかった方

・頭痛・めまい
頭痛やめまいは、肩や首のコリ、携帯やPC画面の長時間使用による目の疲れが原因で起こる場合が多々あります。このような症状を引き起こしている原因となる場所を探し出し、鍼治療や徒手的なアプローチで刺激していきます。

  • 【こんな方向き】
  • 長時間座ってお仕事をする方
  • 携帯やPC画面を多用する方
  • 原因不明の慢性頭痛
  • 緊張性の頭痛やめまい

・自律神経調整、免疫力アップ
鍼治療や徒手的なアプローチで筋肉などの悪いところを刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になる反応が起こります。加えて自律神経を調整する最新の治療機器(ELESAS)を使用することで、さらに効果を高めることができます。
副交感神経が優位になると、血流がよくなったり胃腸の動きがよくなるなど身体の代謝機能がうまく働くようになるので、自律神経の不具合により起こる不定愁訴にも効果的です。

  • 【こんな方向き】
  • 不眠症
  • 寝つきが悪い・寝起きが悪い
  • 便秘や下痢など便通の不快感
  • 常にすっきりしない
  • やる気が起きない

・むくみ・代謝アップ
むくみや代謝の低下は、運動不足だけでなく、筋肉が硬くなることでその中を通る血管が狭くなり、血の流れが悪くなることによって引き起こされます。
電気治療器(ASTEO)や施術により、硬くなった筋肉を柔らかくすることで血流がよくなり、血管とともに通っているリンパの流れをよくすることでむくみを改善します。
また水素吸入マシン(Hycellvator)を使用し代謝をアップする効果を増進します。

  • 【こんな方向き】
  • 足がむくむ
  • 体脂肪が増加している
  • 体が冷えている
  • 冷房の効いた部屋で長い時間生活をしている
  • 座る時間が長い
  • 運動不足
  • 夜中によくトイレに起きる
  • 明け方に足がつって目が覚める
  • 術後の回復

・夏バテ解消(夏季限定)
暑さや湿気の影響で、自律神経が体の変化に対応しようとフル活動をするためにバランスが崩れやすくなります。
自律神経の調整がうまくできなくなると、食欲が出ない、眠れない、身体がだるいなど様々な症状が出てきます。
施術や治療機器(ELESAS)などを用いてダイレクトに自律神経にアプローチし、さらに筋肉の疲れを取ることで身体が軽くなります。また水素吸入マシン(Hycellvator)には抗酸化作用もあり、疲労回復に効果的です。

  • 【こんな方向き】
  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 体力低下

※コースの選択に関しましては当日お伺いいたします。
 また施術内容は一例ですので、ご要望がありましたらご相談ください。

山本邦子(ヤマモトクニコ)アスレティックトレーナー
山本邦子(ヤマモトクニコ)
MS, ATC, GCFP
アメリカNATABOC認定アスレティックトレーナー(NATABOC-ATC)
A-Yoga Mind and Body Movement Therapy主宰
Kyoto MBM Labo主宰(京都 修学院)
フェルデンクライスプラクティショナー
アメリカカンザス大学(University of Kansas)教育学部運動科学科アスレティックトレーニング専攻で学士。同大学教育学部運動科学科運動力学とスポーツ経営管理学で修士号修了。KUAC(カンザス大学アスレティックコーポレーション)と専属アスレティックトレーナー契約。女子バスケットボール、女子サッカー、水泳、アメリカンフットボールを中心に担当。学生トレーナーの教育も務める。
帰国後、2003年~2005年劇団四季専属アスレティックトレーナーとして活動。その後日米でトップアマ、プロアスリートのサポートをしながら、「動作教育を通した人間形成のお手伝い」を念頭にA-Yogaを主に動作教育活動と人材育成に力を注ぐ。
2009年よりプロゴルファー宮里藍プロの専属アスレティックトレーナー。
2014年9月に京都修学院にKyoto MBM Labo (http://mbm-labo.com)をオープン。子供から高齢者まで様々なグループとパーソナルレッスンをする傍ら、発達障害児への運動指導、難病や慢性的な痛みを抱えた人へのケアも行う。
現在、大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学 博士課程在籍

【山本邦子 セッション内容】

  • A-Yoga
  • 運動療法
  • 徒手的アプローチ

今までの経過、現在あるお悩みをお聞きして、骨格的な不均衡、関節の動きの不和、呼吸機能の状態を評価。施術者の手を通しての調整、よりよい感覚入力と情報の統合そして新しく正しい動きの獲得をA-Yogaや様々な運動療法を使ってお一人お一人にあった内容で進めていきます。

山本邦子の詳しいセッション内容はこちら

セラピストが徒手を使って動きながら身体の調整を的確に行うお手伝いをします。
「身体の関節のいろいろな部分に制限があって、負担がかかった状態で運動をしても、実は身体は良くなるどころか乱れるばかり…」
そんな身体を動かす前に、身体を整える必要がある方をたくさん見てきました。

1年、2年、3年と運動を続けているのに、身体の状態が改善されていない…
そんな方は、一度身体を根本から見直して整えてみることをお勧めします。
また、糖尿病や肥満症、高血圧などの症状をお持ちの方で、医師から運動を勧められている方も多いと思います。
運動は継続が大切です。身体を痛めずに楽しく運動を継続するための準備として、今の自分の身体を確認することをお勧めします!

  • こんな方がセッションを受けられています。
  • 怪我の後遺症が残っている方(ケガによって変わった動きをもう一度整える)
  • 慢性的な体の痛みを持っている(動きを見直し快適な体に)
  • これから手術を受ける方(手術前に体を整えることは、術後の回復力があがると言われています)
  • 術後の回復のため(体を動かし自律神経を整えることで、回復力を増加させます)
  • スポーツを健康に楽しむため(ゴルフ、ランニング、サーフィンなどよりうまくそして健康に)
  • がんの治療期、回復期に(ヨガは心身ともにお手伝いができます)
  • 5年後、10年後の健康な体の為に
  • 側弯症の安定と改善

などなど

メディア情報(書籍等)
伸びる子どもの、からだのつくり方 amazonで見る
トップ・アスリートだけが知っている「正しい」体のつくり方 amazonで見る
DVD付き 無理なく美しくやせる 40代からのシンプル・ヨガ amazonで見る
アスリート新化論 amazonで見る
なぜヨガをやる女性はすっぴんでも美しいのか? 〜心と身体が軽くなり元気と幸せを呼び込む知恵&ポーズ〜 amazonで見る
A-Yogaとは
A-Yogaは、人間の中枢神経系の発達段階の土台である、「感覚システム」への問いかけを軸に、身体の機能を最大限に引き出すために、関節可動性と動作中心軸の安定性、内面と外面のつながりなどを大切にした動作教育法です。
より良い関節の動きは体の不安を取り除き、神経系の安定した状態は体の安定をもたらします。そのために感覚統合の向上による脳への働きを大切に、人間の中枢神経系の発達要素を念頭にプログラムをすすめていきます。快適な体を手に入れ、日常の動作を楽にしなやかにできるようにお手伝いをします。
年齢や現在の身体状態に関係なく、全ての方の動きの基礎となります。
普段お持ちの不調箇所の調整、症状緩和、身体の機能の向上などをお手伝いします。
ページの上部へ
ACE TREATMENT LABORATORY(エース トリートメント ラボラトリー)のFacebookへ