予約する

コンセプト

症状別に見る
肩こり・頭痛・めまい
坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症
五十肩・変形性膝関節症・股関節痛
手のしびれ
自律神経の不調

ACE TREATMENT LABORATORYとは

ACE TREATMENT LABORATORY(エーストリートメントラボラトリー)院内

「一人一人が持っている身体と心と丁寧に向き合いながら、
あなたが健康で幸せな人生を送るために必要な身体と心を手に入れるためのお手伝いをお約束します。」

アスリートの方もそうでない方も、若年者もご年配の方も、身体の痛みや不調、動きにくさなど、なにかしら悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

ACE TREATMENT LABORATORYは、経験豊富な3人のセラピストがそれぞれの特性を生かした手技と、知識や理論・経験に基づいて皆さまのお身体と向き合っていきます。

ACE TREATMENT LABORATORY(エーストリートメントラボラトリー)院内

症状別

肩こり・頭痛・めまい

肩こりは、硬くなった筋肉をほぐせば治るわけではありません。触ってみると筋肉が柔らかい方でもひどい肩こりをお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。反対に筋肉がガチガチに硬い男性でも肩こりはない、という方もいます。必要なのは『ほぐす』ことではなく『凝り感』を取ることです。凝り感を引き起こしているのは首や肩、背中の奥の方にある筋肉です。マッサージ店や整骨院で施術を受けても直後は楽になるが効果が⾧続きしない、それは筋肉の本当に悪い部分までしっかりとアプローチできていない場合があります。当院では、凝り感の元となっている肩や首の深いところにある筋肉をきちんと触ることでつらい凝り感を取ります。

また、繰り返す頭痛やめまいは肩・首の凝りが原因となっていることがあります。頭痛薬を頻繁に飲んでいる方、病院へ行っても原因がわからないめまいをお持ちの方、肩や首の状態をよくすることで改善できます。

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症

慢性的に腰痛がある、足まで広がる痛みやシビレがあり病院でヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されたがお薬を飲んでもそれほどよくならない、そんな方は多いのではないでしょうか。

画像診断で異常があったとしても、それが今の症状と直接関係していない場合もあります。

感覚が鈍くなる、力が入りにくくなる、筋肉が痩せてきた、などの症状があれば実際に神経の損傷が考えられますが、症状が痛みとしびれだけの場合は、腰やお尻の筋肉の凝りが痛みや足のシビレ感などのヘルニアや狭窄症とよく似た症状を出していることがあります。

当院では『本物の坐骨神経痛・ヘルニア・狭窄症』か『腰の筋肉の凝りが原因』か、問診によってしっかりと考察し、筋肉が原因の場合には症状改善のお手伝いをいたします。

五十肩・変形性膝関節症・股関節痛

『老化のせいで軟骨が減っている』『関節が変形しているので手術が必要だ』お医者さんからそのように説明を受け、ヒアルロン酸注射や痛み止めのお薬でなんとか凌いでいる方をたくさん目の当たりにしてきました。たしかに加齢とともに軟骨は減っていきます。しかし高齢の方や膝に変形のある方でも、痛みなく生活されている方もたくさんおられます。

それは、痛みを出しているのが骨や関節ではなく、膝の周りの筋肉や腱・靭帯だからです。

関節の位置や形が変わると、その周りにある筋肉の働きも影響を受けます。そのせいで局所的に負荷がかかり、それが痛みとして表れます。変形した骨を元に戻すことは難しいですが、痛みをコントロールすることはできるのです。

手のしびれ

『手がしびれる』『痛みが手まで広がる』といった症状があると、病院では『胸郭出口症候群』や『首の神経が圧迫されている』などといったように神経が障害を受けているという診断になります。

しかし実際に神経が損傷されているのではなく、首や背中、胸の筋肉が手の方まで広範囲にしびれに似た不快感を出していることがほとんどです。

『刺すような痛み』『ビリビリとした電撃様の痛み』『握力の低下や細かい作業ができなくなる』などの症状が出た場合には神経の損傷が考えられますが、広がる痛みとしびれ感だけの場合、筋肉のコリが原因であることが多いのです。

筋肉のコリが原因の場合は、しびれ感を引き起こしている場所を施術することによって、不快な症状を改善することができます

自律神経の不調

『寝つきが悪い』『夜中に何度も目が覚める』『胃腸の調子が悪い』『疲れが取れない』このような症状は自律神経のバランスが悪いことで起こります。

自律神経というのは活動するときに働く交感神経と、リラックスするときに働く副交感神経の2つの神経がバランスを取って働くことで身体のあらゆる機能をコントロールしています。

現代生活では様々なストレスにより、日常的に交感神経が働きすぎていると言われています。

施術による痛気持ちいい感覚は、副交感神経の働きを高めることがわかっています。また水素ガスには抗酸化作用・副交感神経の働きを高める・身体の中の小さな炎症を抑える、などの作用があることがわかっています。

施術や適度な運動により身体の状態を整えることで心も身体もリラックスし、さらに水素ガスを吸入することで自律神経のバランスが整えられ、元気な身体を手に入れることができます。

ACE TREATMENT LABORATORY(エーストリートメントラボラトリー)施術スペース
ACE TREATMENT LABORATORY(エーストリートメントラボラトリー)レセプション
ACE TREATMENT LABORATORY(エース トリートメント ラボラトリー)のFacebookへ